サイトマップ
サイトマップ
商品情報 サポート情報 サービス情報 法人のお客様 事業案内 コレガダイレクトショッピング
 ●ダウンロード  ●重要なお知らせ  ●各種マニュアル ●よくあるお問い合わせ  ●保証・サポート窓口  ●ユーザー登録
HOMEサポート情報セキュリティ・脆弱性について > CG-WLR300NMにおける複数の脆弱性について
CG-WLR300NMにおける複数の脆弱性について
 

2017年 09月08日
株式会社コレガ



〇問題の概要
 

対象製品には、以下の脆弱性が存在します。

・OS コマンドインジェクション
・バッファオーバーフロー

この為、次のような影響を受ける可能性があります。

・当該製品にアクセス可能な第三者によって、任意のコマンドを実行される。
・当該製品にログインした状態のユーザに細工されたページにアクセスさせることで、サービス運営妨害 (DoS) 状態
 を引き起こし、任意のコマンドが実行される。


〇当社製品
 

1)該当製品
下記製品は、複数の脆弱性が存在します。

<無線LANルータ>

CG-WLR300NM ファームウェア Ver. 1.90 およびそれ以前


 

2)対策
以下の方法で回避してください。

1. CG-WLR300NMの使用を停止してください。

なお、CG-WLR300NMのサポートサービス期間は終了しております。


〇補足:CG-WLR300NM における複数の脆弱性 関連サイト
  ・JVN:
http://jvn.jp/jp/JVN00719891/


以上






 
サイトの利用について プライバシーポリシー お問い合わせ