サイトマップ
サイトマップ
商品情報 サポート情報 サービス情報 法人のお客様 事業案内
  ●ニュースリリース ●動作検証表  ●最新OS対応情報  ●導入ナビゲーション
HOME商品情報導入ナビゲーション > ブロードバンドアクセスルーター カンタン設定例(フレッツADSL編)
ブロードバンドアクセスルータ カンタン設定例(フレッツADSL編)
▼設定を始める前に確認してください
必要な機器は揃っていますか?
  ブロードバンドアクセスルータやLANケーブルなどはもちろん、ADSLモデムなどのインターネット接続業者からレンタルされる機器がないとインターネットには接続できません。また、ADSLモデムやスプリッタ、電話機などの接続方法はここでは紹介しておりませんので、それぞれの説明書などを参照してください。
接続業者から送られてきた書類は手元にありますか?
  ログインユーザー名やパスワード、その他設定に必要な情報が記載されています。ブロードバンドアクセスルータを設定する際にも必要です。設定が終わったら必ず保管してください。
ADSLサービスはすでに開始されていますか?
  NTTやインターネット接続業者などから通知される「サービス開始日」より前にインターネットに接続しようとしても、当然ですがつながりません。サービス開始日前に書類やADSLモデムが届く場合もありますのでよく確認しましょう。
フレッツADSLをご利用のお客様へご注意
  ルータをご使用になる場合はNTT東日本、西日本より配布されている「フレッツ接続ツール」は使用しません。使用すると正常に接続できなくなる場合があります。また、ルータ接続時に「フレッツスクウェア」のホームページを見るにはルータの設定を変更する必要があります。設定方法は製品FAQのページを参照してください。
設定方法
1.パソコンにLANアダプタを装着・インストール

お使いのパソコンに合ったLANアダプタを装着し、ドライバをインストールします。装着、インストール方法はお使いのパソコンやアダプタにより異なりますので、それぞれの取扱説明書を参照してください。

インストールが完了したらパソコンのTCP/IP設定をチェックします。ネットワークのプロパティを開き「TCP/IPプロトコル」がインストールされていること、TCP/IPプロトコルのIPアドレスの設定が「IPアドレスを自動的に取得」になっていることを確認してください。(通常は初期状態でこのように設定されています)



確認ができましたら、パソコンは一旦終了しておきます。
2.パソコンとルータをLANケーブルで接続

パソコンのLANポートとルータのネットワークポートをLANケーブルで接続します。ルータ側はLANケーブルを接続できるポートがいくつもあるので注意してください。ここでは「1」ポートに接続します。



接続できたらパソコンとルータを起動します。ルータには電源スイッチがないのでACアダプタをコンセントつなぐことにより起動します。ルータの正面にあるNetwork Ports Status 1ポートの「Link/Act」LEDが点灯すれば正常に接続されていることになります。

3.ルータの設定

4.他のパソコンをルータに接続

インターネットに接続するパソコンを手順1と同様にLANアダプタの接続や設定を行い、LANケーブルでルータと接続します。ルータは1〜4ポートに接続できますが、4ポートにつなぐ場合はカスケードスイッチをPCに設定します。また、4ポートにHUBやスイッチングHUBをつなげれば4台以上のパソコンを接続できます。

無線LANを利用する場合は…

無線LANを利用する場合はルータと無線LANアクセスポイントをLANケーブルでつなぎます。Wireless LAN AP-11miniの場合はパソコンと違い、接続するケーブルをクロス変換する必要がありますので注意してください(ヒント)
この例ではアクセスポイントの設定を変更する必要はありません。
次に無線LANアダプタをパソコンに接続、ドライバのインストールを行います。

5.ルータとADSLモデムを接続

ルータのWANポートとADSLモデムのLANポート(ADSLモデムにより10BASE-T、Ethernetなどと表記されていることがあります)をLANケーブルで接続します。
すべて接続したらルータのACアダプタをコンセントにつないで起動します。ルータにつないだパソコンもそれぞれ起動します。

6.正常につながっているか確認

ルータ正面のLEDでパソコンやADSLモデムが正常につながれているか確認します。
ケーブルが接続されているポートの「Link/Act」LEDが点灯すれば、それぞれのポートにつないたパソコンなどは正常に接続されています(ヒント)
WANの「Link」LEDが点灯すれば、ADSLモデムと正常に接続されています。


最後にパソコンのブラウザーでホームページを表示するなどしてインターネットに接続できていることを確認します(ヒント)
ヒント
ケーブルをクロス変換するには?
 ・クロス変換キットを使用します。(Wireless LAN AP-11miniに添付)
 ・ルータのカスケードポート(4ポート)に接続し、カスケードスイッチを「Hub」にセットします。
 ・ストレートケーブルの代わりにクロスケーブルを使用します。

LEDが点灯しない場合は?
 ・ルータやパソコンの電源は入っているか確認してください。
 ・ケーブルはポートにしっかりと差し込まれているか確認してください。(カチッとなるまで差し込みます)
 ・パソコンのLANアダプタはしっかり接続されていまるか確認してください。
 ・ケーブルのストレート/クロスの別が正しく選択されているか確認してください。

ケーブルの接続はできているがインターネットにつながらない場合は?
 ・ADSLモデムやスプリッタなどが説明書通り接続されているか確認してください。
 ・ルータにログインできますか?手順3のようにWWWブラウザーからルータにログインできるか確認してください。ログインできる場合は手順3の画面から「状態」→「接続」と進み、手動で接続してください。ログインできない場合は手順1.2をもう一度確認してください。
 
サイトの利用について プライバシーポリシー お問い合わせ