サイトマップ
サイトマップ
商品情報 サポート情報 サービス情報 法人のお客様 事業案内 コレガダイレクトショッピング
  ●ニュースリリース ●動作検証表  ●最新OS対応情報  ●導入ナビゲーション
HOME商品情報導入ナビゲーション > 未来型ロボットSPC-101Cをコレガの無線LANで自由自在に!!
SPC-101Cにはカラービデオカメラを頭部に搭載しました(NTSC出力、受信機付属)。
オプションでUSB出力も可能です。
ビデオ画像をキャプチャーすることで、ネットワークを通じた画像監視や画像認識も可能になるなど、活用範囲がさらに広がります。歩くWebカメラとしても利用可能です。
またPC上で実行可能な音声認識エンジンや画像取り込み、顔検出ソフトなどのソースコードをスピーシーズホームページにて公開していますので、PCソフト開発経験のある方なら、ロボットとPCを連動させたアプリケーションの作成が可能です。
汎用性の高いUNIX系のNetBSDをベースOSに採用し、モーション再生エンジンなどを搭載したロボットOSであるSpeecysOSを搭載。TCP/IP、UDP/IP通信プロトコルをサポートし、FTPやTelnetでモーションデータやオーディオデータの転送など、ネットワーク環境での使用ユーザーの好みに合わせたUNIX系OSならではの融通性の高さを誇ります。
また、NetBSDのもう一つの長所が、優れたソフトウェア開発環境です。豊富な開発ツールによって、効率的なアプリケーション開発が進められますモーション再生エンジンは、無線LAN経由でモーションエディタからデータを受け取り、すぐに再生することも可能。音楽との同期、LED発光との同期処理も可能です。
ネットワーク経由でオブジェクト間の通信を行うプロトコルにはSOAP(Simple Object Access Protocol)を採用。
SOAPはインターネットの世界では標準となっているHTTPパケット送受信機能を利用し、サービスリクエストやレスポンスを交換します。
HTTPを利用しているため、WEBブラウジングが可能な環境であれば利用できます。また、プラットフォームに依存しないので、汎用性の高い通信プロトコルです。
APIの公開 OpenRoads(Socket : TCP/IP)
これまで、ロボットを動かすには、ロボットの専門知識が必要で、多くソフトウェアエンジニアにとっては、身近とは言えないものでした。
スピーシーズが目指しているのは、ソフトウエアエンジニアが容易にロボットを動かすためのプラットフォームの提供です。
そしてより多くのエンジニアの英知を交換できるコミュニティを提供することで、ロボットの可能性を広げていきたいと願っています。
SPC-101Cを楽しむにはブロードバンド環境(ADSLまたは光ファイバ)と無線LANのアクセスポイントが必要です。
コレガの無線LANアクセスポイントはSPC-101Cと検証済みで、推奨無線LANアクセスポイントとなります。
CG-WLBARGPXW
CG-WLBARGPXW
CG-WLBARGPXB
CG-WLBARGPXB
CG-WLBARGMH
CG-WLBARGMH
CG-WLBARAGM
CG-WLBARAGM
仕様  
身長 約33cm
体重 約1.5kg
自由度 22自由度+LED表示
カラー ホワイト
スピーカー 2個
LED表示器 合計約105個 (両手部、胸部)
ビデオカメラ 270,000-pixel CMOS Color Video camera
電源 リチウムポリマー電池7.4V780mA
またはACアダプタ(本体に充電機能内蔵)
CPU RPU-50(双葉電子工業(株)製) SH3 133MHz RAM: 64MB
Flash: 64MB, miniSD Slot, RS485, USB, シリアル通信ポート, Audio
サーボ RS301CR(双葉電子工業(株)製)
OS SpeecysOS Rev.2.0 (NetBSDベース・ロボット制御機能付き)
無線LAN IEEE802.11g準拠(USB接続)
主な付属品 リチウムポリマーバッテリー
ACアダプタ
無線LANアダプタ
専用スタンド
取扱説明書
使用条件
  • SPC-101Cを楽しむにはブロードバンド環境(ADSLまたは光ファイバ)と無線LANのアクセスポイントが必要です。
  • 初期設定にPCが必要です。
SPC-101Cの仕様・利用方法等のお問い合わせは以下まで
スピーシーズ株式会社
〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町17-2 オークヒルズ202
TEL:03-5784-0757
http://speecys.com
 
サイトの利用について プライバシーポリシー お問い合わせ