サイトマップ
サイトマップ
商品情報 サポート情報 サービス情報 法人のお客様 事業案内
  ●ニュースリリース ●動作検証表  ●最新OS対応情報  ●導入ナビゲーション
HOME商品情報導入ナビゲーション > OCNサービス部 鈴木氏に聞く 個人向けIPv6接続サービス「OCN IPv6」とは @INTEROP TOKYO 2006
NTTコミュニケーションズが提供する個人向けIPv6接続サービス「OCN IPv6」にコレガの CG-BARPRO6 が対応し、INTEROP 2006のNTTコミュニケーションズブースで最新サービスに触れられる展示が行われた。
OCN IPv6のサービスやCG-BARPRO6の導入メリットについてOCNサービス部課長 鈴木聡介氏に会場でお伺いした。
■ OCN IPv6とはどういったサービスですか。
IPv6は次世代のインターネットプロトコルとして標準化された規格です。
主な特徴は32ビットであったアドレスを表す空間を128ビットで表現するので、
IPv4に比べて膨大な数のIPアドレスを扱うことができます。
OCN IPv6サービスをご利用いただくと、現在ご契約いただいているインターネット接続サービス(IPv4の環境)上でIPv6の通信が可能になります。
またこのサービスはOCN会員向けオプションですが、OCNの接続サービス上に限らずインターネットに接続できればご利用いただけますので、旅行先・出張先のホテルなどからも利用できます。
■ IPv6サービスの現状について教えてください。
これまで外出先からビデオの録画予約をしたり、エアコンの電源を入れるといった事は次世代の夢の技術と言われてきました。
しかし、今回OCNとしては夢の技術を実現するためのインフラサービスをキッチリ用意しました。個人向けの本格的なIPv6サービスとしては世界に先駆けて提供しています。
あとはIPv6に対応し、家の外からコントロールできる機器が多く登場するのを待つだけです。これはOCNの仕事ではなく家電メーカなどが積極的に取り組んでくれることを期待していますし、IPv6対応に必要な情報提供などについては協力していくつもりでいます。
IPv4でもグローバルアドレスを使って外からホームネットワークにつなぐサービス
はありますが、CATV系や集合住宅向けなど一部のISPではエンドユーザにグローバルアドレスを提供しておらず使えないケースもあります。
このような環境でもOCN IPv6を使えば、いくらでもグローバルアドレスを使えるので大丈夫です。
■ CG-BARPRO6 を導入するメリットは何ですか
まず一番はパソコンを立ち上げっぱなしにする必要が無くなることです。
OCN IPv6を利用するにはパソコンにOCN IPv6接続プログラムをインストールし動かしておく必要があります。しかし、パソコンを立ち上げっぱなしにしておくと電気代もかかりますし、パソコンを長時間動作させているとどうしても動作が不安定になる場合があります。
CG-BARPRO6を導入するとOCN IPv6接続プログラムは必要なくなるので常にパソコンを立ち上げておく必要はありません。
お客様のご意見でもパソコンを立ち上げっぱなしにすることに抵抗を感じるというご意見を多く頂いていますので、CG-BARPRO6を導入していただければお客様の不安が解消されるのではないでしょうか。
また、法人のお客様にIPv6のサービスをご説明すると「パソコンを立ち上げっぱなしにするの?」と言われる事があります。
法人のお客様の場合は電気代より安定性を気にしているのだと思われますので、これからはルータを使って接続できる事がPRできるようになります。
■ IPv6発展のためのキラーアプリケーションは何になると考えていますか?
お客様のアンケートで一番望まれているのはAV機器の対応です。
外出先からビデオ予約をしたいというのは勿論、家のHDDレコーダに録画した番組を外出先のパソコンで観たいという要望は多数あります。
あとは、エアコンの電源の入り切りや照明のOn/Offと言うのも望まれています。やはり真夏の蒸し風呂のようになった家へ帰るより、あと30分程で帰れるからエアコンを入れておこうと携帯電話から自宅へアクセスしてエアコンの電源を入れられるのはうれしいですよね。
複雑な機能というよりは、電源のOn/Offのような単純な機能でも案外と便利になり、使われるのでは。
■ 今後のIPv6の発展についてはどようにお考えですか。
OCN IPv6自体は3年で10万人の利用者獲得を目指しています。
しかし、IPv6対応の製品が多く出てくればもっと増えると考えています。
逆にIPv6対応の製品が出てこなければ利用者は増えないと思っていますので家電メーカさんなどに期待しています。
インフラサービスとしてのIPv6サービスは標準技術を利用しているだけですので他のISPが追随してくるのは時間の問題だと考えています。他のISPがOCN IPv6のようにL2TPを使ってIPv6通信サービスを提供する場合、接続プログラムの開発に時間がかかると思います。
でも、CG-BARPRO6がサービスに対応したので接続プログラムの優位性は薄れてしまったかもしれませんね(笑)
今後は更にセキュリティーを強化したり、自宅の機器などへアクセスを容易にする技術なども検討していますので、より便利で安全に使っていただけるようになると思っています。
「OCN IPv6」 : http://www.ocn.ne.jp/ipv6/
「IPv6ブログ」: http://ipv6.blog.ocn.ne.jp/ipv6/
INTEROP TOKYO 2006
NTTコミュニケーションズブース
OCN IPv6対応製品として
CG-BARPRO6の展示が行われた
今回インタビューに
お答えいただいた
OCNサービス部課長 鈴木聡介氏
CG-BARPRO6
IPv6対応!セキュリティも安心
高速 有線ブロードバンドルータ
製品情報
最新ファームウェアダウンロード
 
サイトの利用について プライバシーポリシー お問い合わせ